Android1.5を動かしてみる

システム3部鈴木です。

1.5についても、下記のサイトでビルド済みのAndroidユーザーランド、Linuxカーネルを提供してくださっています。個人サイトさんですが、現状問題なく動作しています。
Armadillo-500 FX に Android ( cupcake ) をのせる その2
Armadillo-500 FX に Android ( cupcake ) をのせる その3
上記の「その2」で配布しているカーネルには問題があるようなので、「その3」のカーネルをDLしてください。

Atmark Distユーザランドは上記「Android1.0を動かしてみる」でフラッシュメモリに書き込んだものをそのまま利用します。
フラッシュメモリへの書き込み方法などは、上記の「Android1.0を動かしてみる」を参考にしてください。
ファイルのアドレスを読み替えて適用できると思います。

これでAndroid1.5が起動するのですが、
この段階では電源・HOMEボタンが効かないので、同サイトの下記のエントリにしたがって修正を行います。
Armadillo-500 FX に Android ( cupcake ) をのせる その4

要約:
Androidが起動したら、コンソールから下記の手順でDBに設定を加えます。

# cd /data/data/com.android.providers.settings/databases
# sqlite3 settings.db
sqlite> INSERT INTO secure (name, value) VALUES ('device_provisioned', 1);
sqlite> .quit
# sync
# reboot

Armadilloにシリアル接続してコンソールを操作している場合は、Armadillo起動後はそのまま Armadillo のシェルが叩けます。
プロンプトが出ていない場合はエンターキーを叩いてみてください。

タグ:

コメント / トラックバック1件

  1. Lavigne より:

    You’re the graetest! JMHO

コメントをどうぞ