LifeTouch Wでの開発ことはじめ

LifeTouch W

LifeTouch W

最近弊社でNEC様のLifeTouch W及びその開発キットを購入したので、いろいろと試してみているところです。

この端末の大きな特徴は、やはり2つの画面を備えるクラムシェル型の筐体です。さらにこの端末においてはフレームワークが大きく拡張されており、Activityをそれぞれの画面で同時に起動することが出来るようになってい​ます。

今回は、開発環境の設定から2画面表示の簡単な確認辺りまでを試してみました。

2画面プラットフォームでの表示の基本概念

この端末には2つの物理的なディスプレイが備えられており、主となる側をPrimary(見開きで左側)、もう一方をSecondaryと呼びます。

これらの2つの画面をActivityがどのように占有するかによって、3種類の表示先指定があります。

  • Primary : ActivityがPrimary側の画面を占有する。
  • Secondary : ActivityがSecondary側の画面を占有する。
  • Dual : ActivityがPrimaryとSecondary両側の2画面を占有する。

ただし制限として、同一タスクの1画面表示ActivityをPrimaryとSecondaryの両側に振り分ける事は出来ません。ので、それぞれの画面にActivityを振り分けての表示をしたい時には、別タスクとな​るように起動する必要があります。

開発環境の設定

一般的なAndroid開発環境がインストール済みの場合、Android2.2用SDKをSDKマネージャでダウンロードし、Android SDKのadd-onディレクトリ(winXP+現在最新のAndroid SDKならC:\Program Files\Android\android-sdk\add-ons 辺り)に開発キットのLT-Wアドオンディレクトリをコピーして配置すると、開発が行えるようになります。

開発キットにはUSBドライバも含まれており、これを用いることでLifeTouch WをPCにUSB接続し、デバッグを行う事が出来ます。

実際に2画面表示アプリを作ってみる

Eclipseでのプロジェクトの作成手順は通常のAndroidの場合と同じで、Target Nameとして「LT-W」を選択してください。他は何でもかまいません。

Activityを2画面(Dual)表示する為に、以下の項目をmanifestファイルにて設定する必要があります。ここでは具体的な設定方法や詳しいタグ名については触れません(開発キットに付属のPDFに詳しく記述​されています)。

  • runsOnSecondaryDisplay : manifestタグ内にbooleanで設定。これがtrue以外の場合、Secondary及びDual表示を行う事が出来ない(=通常の Androidアプリにおいては未設定なのでPrimaryのみ表示可能)。
  • displayMode : Activityタグ内にstringで設定。single(PrimaryかSecondaryのいずれか) / dual(Dualのみ) / any(どれも可)が設定として有効で、Activityがどの表示先設定で表示される事を許容するかという設定である。

今回は2画面表示Activityを作るので、runsOnSecondaryDisplayはtrue、displayModeはDualに設定します。

また上記以外に、applicationタグ内にuser-libraryタグでcom.nec.android.dualscreenライブラリを指定する必要があります。

上記のマニフェスト設定が完了したものを実行すると、上に掲載した写真のような表示となります。

タグ:

コメントをどうぞ