Armadillo-500 FXのタッチパネルを改造(2)

システム3部鈴木です。

在庫切れのため、間に合わせのタッチパネルが取り付けられていた我等がArmadillo-500 FXですが、新品のパネルを装備して帰ってきました。
前回に引き続き、画像で紹介してみたいと思います。
相変わらず携帯のカメラなので見づらいですがご容赦ください。

全体像

正面から見た全体像です。はっきり言ってぱっと見は全然変わっていませんね。
液晶の表示が前より綺麗になっているのですが、この写真では伝わらないですね・・・。

前回、画面の左右が黒くなっていて格好が悪かったので、壁紙を入れ替えました。
壁紙DL元:555 [DESIGN] > wallpaper

全体像・裏側

裏側です。タッチセンサーのケーブルが、USBではなく、インターフェイスボードに接続されたため、すっきりしました。

タッチセンサーのズレ

画面の端に沿ってボールペンの頭を動かしたときのポインタの軌跡。左右の端が外側に若干ずれていますが、使ってみた感覚としては問題なしです。
むしろHOME画面のランチャーが引き出しやすいかと。
上下も端までタッチできるので、ボタンの誤射はほぼ無いです。

タッチセンサーのケーブル1

タッチセンサーのケーブルはタッチパネルとインターフェイスボードの隙間に入ったので、SDの出し入れも安心です。

タッチセンサーのケーブル2

USBが2つとも使えるようになったのは助かります。
見た目もすっきりしました。

タッチセンサーのケーブル3
タッチセンサーのケーブル4

ちょっと分かりづらいですが、タッチパネルとインターフェイスボードの間をくぐっているタッチセンサーのケーブルと、その接続部分です。

以上、生まれ変わったArmadillo-500 FXでした。
前回同様コアスタッフさんにお願いしたのですが、夕方17時に直接回収に来ていただき、翌日の9時半に届けて下さるという対応をしていただきました。
今回つけていただいたパネルが本来のものなので、別途の加工費は無しでした。
凄いですコアスタッフ。

タグ:

コメント / トラックバック2件

  1. Navid より:

    This airtcle went ahead and made my day.

  2. Betsey より:

    What a joy to find such clear thkniing. Thanks for posting!

コメントをどうぞ